TOP > ひおりについて
HIARI「ひおり」について
[ひおり」紹介

普段、長時間、お肌に密着していることが多いメガネ。 でも素材について一般的にあまり知られていません。

実は市販されている多くのメガネは硫酸系物質が使われているため、アレルギーやアトピーなどの皮膚トラブルの原因になる恐れがあります。

今回ご紹介する「ひおり」は医療用具や哺乳瓶など、安全性が不可欠な分野で使われるスイスEMS社の「グリルアミドTR−90」で100%制作されています。(韓国製)

また日本の食品衛生法でも合格し、世界的に厳しいとされるドイツのマークを獲得したことでその優秀性が認められています。


安全性について


GS
マークは、テュフラインランドのような中立な立場の第三者機関により、製品が検査され、関連する安全規格に適合していることを示します。

マークは、製品だけでなく完成品も対象としています。 マーク認定を受けた製品の製造工場は、定期的に製品検査を行い、認定を受けた製品が量産過程においても仕様通りに生産されていることが確認されています。

このマークの貼付することによって、消費者の製品に対する信頼性が高まります。

CE
CEマークは、商品がすべてEUの基準を満たすものに付けられるマークで、EFA(欧州経済地域)や、トルコ、スイスで販売する際には取得が必要となります。

EU本部は、事業者が商品を輸入する場合や輸入した機械を導入する場合などにおいて、CEマークが信頼の証となると捉えています。日本で売られるものでは輸入家具に付けられることが多い。

子供用品の製造基準としては世界で最も厳しいといわれ、大きさ、形態、塗料などについて詳細な基準が定められています。

Q
Qマークは、韓国の品質認定マークです。

KEMTI(環境商業試験研修所)からQマークを獲得しています。

食品衛生法認証!
食品衛生法は、日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための厚生労働省所管の法律です。

食品と添加物と器具容器の規格・表示・検査などの原則を定めたものです。

「ひおり」の素材の秘密

スイスEMS社の製造するナイロン樹脂の一種です。

耐薬品性が良い(オイル、薬品の触れる場所の素材として使用)、透明性が高い(メガネフレーム、燃料タンク、医療用カテーテル、釣り具、文具の部品、透明度が高く見た目がきれいで強度が必要な部品 などで使用)、曲げ弾力性、バネフィット性にも優れています。

代表的な使用例として、医療用のカテーテル(中空の柔らかい管)にも使用されています。つまり、肌にも内臓にも優しいといえます。

その他にも、車のバッテリーケースなどにも使用されています。温度変化(−40〜100度)にも強く、耐湿度性にも優れています。バッテリーに使用されるほど、耐薬品性にも優れているので、整髪料や汗により変色、劣化に強い素材といえます。